ギャンブルなどで借りた時は債務整理の事務所から断られるのか?

債務整理を検討中の方々は、たまに事務所に相談しようと考えています。時には弁護士に話をしようと思う事もあるでしょう。
ところが中には、借金に関する後ろめたさを感じている方々がいるのです。理由が気になるからです。
そもそも人々がお金を借りる理由は、それこそ多彩です。中にはギャンブル資金が必要で、ちょっと金融会社から借りる方々も見られます。そういう利用目的ですと、お金を借りている本人としては、なかなか言い出しづらい訳です。一歩間違うと、弁護士から断られてしまうと思い込んでいる方々も見られます。
しかし、利用目的は問題ではありません。ギャンブルであれ遊興費であれ、あまり関係無いからです。
債務整理に関わってくるのは、あくまでも金額的な話です。利用目的などの状況は、事務手続きを行う際には、それほど大きな問題ではありません。
むしろ職業や収入状況の方が大切でしょう。さすがに無職ですと、債務整理の事務所から断れるもあるからです。
しかしお金を借りている目的は、それとは全く別問題です。ギャンブルなどで借りていたとしても、手続き自体は進められるからです。そこは特に気にせずに、弁護士事務所に相談してみて問題は無いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ