果たして任意整理の手続きを行うと住宅ローンを組むのは不可能か

任意整理の手続きを行った方々は、たまに住宅ローンを検討しています。任意整理の後に色々と状況が変わってきたので、住宅を購入する事もたまにあるでしょう。そういう時に、ローンを組みたいという話は、よく耳にします。

ですがそれが可能であるか否かという問題があるのです。果たして住宅ローンの申込を行ったところで、落とされるケースはそれなりに高いでしょう。現に専門事務所としても、任意整理を行った数年間などは、新規の借入は難しいと伝えてきます。

では時効を迎えるまでは、住宅ローンを利用する事は一切不可能になるかと言われれば、そうとは言えない一面もあるのです。なぜなら、たまに例外的な事例も見られるからです。

と言うのも、これは私の知人の例なのですが、以前に居住地の債務整理川崎で弁護士に依頼して任意整理の手続きを行った後に、住宅ローンの審査に通っているケースもあるからです。ちなみに申込を行った方は、大きな企業に勤務をしています。それなりに返済力は高いと判断された上に、その金融会社では独自の基準を設定しているのです。

ですから任意整理の手続きを行った後でも、住宅ローンで借りられる可能性は一応あります。ただ確率はそれなりに低いと考えておく方が良いでしょう。基本的には、任意整理の後は新規借り入れは困難になる訳です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ