年数が少ない段階では債務整理はしない方が良い

債務整理は、確かにメリットはあります。やはり借金の減額が見込めるメリットは、多くの方々が高く評価しているのです。
その反面で、タイミングに左右される一面もあります。時期によっては、むしろ債務整理を行わない方が良い事もあるからです。
例えば任意整理です。確かにその手続きを行えば、借金が減額される可能性はあります。現在は金融会社での残高が80万だとしても、それが50万などに減額される可能性も一応あるでしょう。
ですが、それも時期次第なのです。少なくとも金融会社で申込をしたばかりの時期は、債務整理は避けた方が良いです。というのも早い段階で整理手続きを行ってしまいますと、逆に金額が増える可能性があるからです。50万になるどころか、90万円台に増加する可能性もあります。確率は低いですが、確かにそのような事例もあるのです。もちろんそれなら、債務整理は行わない方が良いでしょう。
あくまでも債務整理は、特定の金融会社と長いお付き合いがある方々向けです。3年などを経過していれば、それなりに減額できる事も多いですが、それでもあまり戻る金額は大きくありません。5年や7年など、それなりに長いお付き合いがある方々向けの手続きと言えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ