レイクは総量規制対象外のカードローン

レイクといえば、「ほのぼのレイク」のテレビCMでおなじみの消費者金融というイメージが強いですが、現在は銀行カードローンとなっています。以前は消費者金融業者で、街中にアコムなどと並んで自動契約機の設置された店舗がよく設置されていますが、貸金業法の改正の時期に新生銀行が運営するカードローンとなっています。

レイクは銀行カードローンになっていますが、金利は年18%程度で初めての人は無利息期間がつくという消費者金融のサービス内容を引き継いでいます。一番大きく変わったところは、銀行が運営するサービスとなったことで総量規制の対象外となったという点です。総量規制は個人がカードローンを利用できる限度は、年収の3分の1までしか借入れできないというルールですが、対象となるのは消費者金融などの貸金業者やクレジットカードのキャッシング枠であり、銀行カードローンは対象外となるためです。

アコムやプロミスなど消費者金融から借入れが複数ある状態で追加で借入れをしたい場合は、総量規制の問題で増額や新規申し込みができなくなることもあります。そのような場合でも、レイクならば総量規制の対象外ですので、審査に合格できれば利用できるということになります。また、審査から融資までの時間が早いので、どうしてもレイク今日何とかしたいといったお急ぎの方でも、正しい方法で申し込むことで今日中に現金を手に入れることができるところもレイクの特徴と言えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ